*

視力が弱くなった時の車の運転

公開日: : 未分類

近視、乱視の度が進むと運転中も対象物がハッキリ見えなくなったり、太陽光線がまぶしくなり、木漏れ日のまだら模様などがとても見にくくなったりします。トンネル内も暗くて見えにくいですし、夜の運転になると右折で距離感がわからずとても怖くなります。視力の衰えは運転の自信に大きな影響をあたえます。

 

 

自信がなくなると精神的に不安になり、運転もあやしくなります。そういう時は、視点をちょっと遠くに置けば解決できます。視点を近くに置くと、近くのものの動きが速すぎて目で追えず不安になります。例えば、狭い道に入って、すれ違いをするときなどは、入るところだけ慎重にゆっくりと入り、その後は視点をすこし先へ移して走ります。視力が弱くなった人は、目に自信をなくして、知らず知らずに視点が近くなっています。視点を遠くに置くだけでだいぶ変わってきます。

 
次に自分が判断力が鈍っているということを常に意識しながらドライブすることです。バックミラー、ルームミラーの位置の調整や常に確認する習慣をつけ、スピードも出さないのが当たり前というスタイルに変えていきましょう。視力が弱まった分、意識を変えて、運転の仕方を変えれば、安全な運転ができます。

関連記事

no image

内輪差と外輪差

よく内輪差と外輪差という言葉を聞くと思いますが この意味は、知っておいたほうが運転が楽になります。

記事を読む

no image

外出時の駐車がわからない

外出時の駐車が苦手な人もいます。 特に中心部になりますと 立体駐車上やコインパーキングや 路肩にある

記事を読む

no image

セルフ式の洗車のやり方がわからない

自宅で洗車をするのが面倒な人は、 ガソリンスタンドやコイン洗車場ですればいいです。 コイン洗車場は、

記事を読む

no image

車の分類の仕方

  いろんなタイプの車が売られていますが 分類の仕方も様々です。 まず車の形での分類

記事を読む

no image

自動車保険がわからない

  車に乗り始めたばかりの人は、 自動車保険についてもわからないことが多いと思

記事を読む

no image

事故を起こしたときの対処法

初めて事故を起こした人は、 どのように対処していいのか わからない人もいるでしょう。 そこで事

記事を読む

no image

道幅が狭い時、通れるかわからない

  初心者の運転でわからないのが 道幅が狭い時に通れるかわからないということです。

記事を読む

no image

車庫入れが苦手

私は、車庫入れが苦手です。 家の駐車上に止める場合は、なんとかなりますが 外出した時の駐車は、不安で

記事を読む

no image

駐車券を取るとき離れてしまう

駐車券を取るときなどの発券機に横に止めて 窓から券を取ったり、精算をする時に 発券機から離れたところ

記事を読む

no image

初めてのガソリンスタンド

免許を取ったばかりで 初めて一人でガソリンスタンドに行く時は、 ドキドキしたという経験をした人もいる

記事を読む

no image
hacked By Mister Spy

Mister Spy

no image
視力が弱くなった時の車の運転

近視、乱視の度が進むと運転中も対象物がハッキリ見えなくなったり、太陽光

no image
道幅が狭い時、通れるかわからない

  初心者の運転でわからないのが 道幅が狭い時に通れる

no image
レッカー移動された場合

  駐車禁止の場所に車を止めていると レッカー移動され

no image
車ごと水中に落ちてしまった場合

  滅多にありませんが 海や川に車ごと落ちてしまう水没

→もっと見る

PAGE TOP ↑